ロレックス14270 スターダストダイヤル。オリジナルかの確認方法

美しいスターダストダイヤル。。。
SBBTにて展示しているコレクション時計からご案内致します。

このロレックス14270のパーツや備品がオリジナルのものかどうかの確認方法も合わせてご紹介致します。

こちらは保証書付きで綺麗な逸品です。じっくり写真をご覧ください。

 

ロレックス14270がレアなわけ!

ロレックス14270はエクスプローラの文字の所に、最初から白い斑点が付いているエラー文字盤!になっています。そこがまた最高ですね。

さらに、スターダストダイヤルが多少ブラウン色に変わりつつあり、トロピカルダイヤルに進行中の超レアモデルになります!

経年変化でこのように茶色になっていったのですが、この様な状態はコレクターにはたまりません!!

ブラウン色に変わりつつあり、そしてさらにミステイクの白い斑点がまで付いているとても希少なレア商品です!

 

ロレックス14270の全体を見てみる

全てオリジナルのダイヤル、針、秒針です。

この14270の4時位置のガラス淵に少しの擦れがあります。使用の勲章ですね。しかしほぼ肉眼では見えません。

気になる様な傷、擦れ無し。ブレスのヨレも気になりません。

  

ロレックス14270がオリジナルかどうかの確認方法

付属冊子から確認する

付属冊子について見てみましょう。こちらは付属の冊子の説明したには1992年のと記載があります。時計の製造年と合っています。

冊子のページナンバー横に文章があり、最後に1992年と記載があります。

保証書はN4からナンバーで、販売は1993年1月、香港にて。

保証書です。

 

ブレスナンバーとフラッシュフィットナンバー

ブレスナンバーとフラッシュフィットナンバー

ブレスナンバーとフラッシュフィットナンバーにより純正のパーツかどうかが判別できます。

ブレスにはブレスNo.が記載されており、こちらの時計には78360と打ってあります(写真黄色楕円内)

フラッシュフィットNo.は558B(エクスプローラ用)となっています(写真水色楕円内)

ブレスナンバーとフラッシュフィットナンバーのアップ写真

 

クラスプナンバー(クラスプコード)

黄色の楕円内右上にR6と刻印が見えます。これがクラプスナンバー(クラスプコード)です。

Rの刻印ですと91年とか2年で製造年に合います。この様な点からオリジナルで一回も部品を変えていない事がわかります。

 

コレクターの心理は出来るだけオリジナルです。

鑑賞して楽しみ、使用して楽しみ、所有して自己満足です。

 

ロレックス所有のメリット

ロレックスの最大のメリットは年々値上がりするという事です。特に1980年代のトリチュウム夜光のネオヴィンテージモデルは狙い目です。(100万円以内のサブ、エクスプローラ、その他)

1998年を境に今までの経年変化による黄ばむトリチュウム夜光が廃止になり、ルミノバ夜光に変わりました。雰囲気のあるトリチュウムは12年位で黄色っぽくなりヴィンテージ感が溢れてきますので楽しみながら使用出来ます。 

ロレックス14270と114270との違いや見分け方についてはこちらへ
ロレックス114270の詳細はこちらへ

  

お問い合わせ、ご購入&買取希望の方は 090-3104-1156 イザワまでお電話下さい。
東京の西荻窪にある店舗にてもバッグの販売を行っています。
また、エルメスバッグも高額買取中!

他社へ持ち込み中の商品の値段比較も大歓迎!
11時〜23時までお電話受付中です。是非お気軽にご連絡下さい!

関連記事

カテゴリー

買取・お問い合わせはこちらへ!

090-3104-1156 もしくは LINEまで☆
11時〜23時まで受付しています!

ページ上部へ戻る