エルメス 刻印と印字をケリーのヴィンテージバッグで比較

ケリーバッグの金具に施された刻印と、バッグの表面に施される印字のデザインは年代によって少しずつ変わってきています。

そのため、最近のケリーバッグについている刻印と異なり、これは偽物!?とすぐに決めつけてしまうのは危ないです。

HERMÈSの2つ目のÈについた右下がりのアクセント(アクサングラーヴ)に注目!

今回はヴィンテージのバッグと現在のバッグを比較してどのような種類の刻印と印字があるのかチェックしてみます。

エルメスバッグについている製造年や素材ごとの刻印についてはこちらへ

 

1970年代のバッグ金具に施されたエルメスとパリの刻印と印字

製造年不明(1976年より前)のバッグの刻印と印字

刻印:HERMES、PARISと2列
HERMESの2つ目のEの上にアクセントなし。

製造年不明のケリー アクセントがなく、2行です。

 

印字:HERMES、PARISと2列
Eの上にアクセントなし

製造年不明のケリー
彫刻刀で入れたような模様。製造年不明です。

 

1976年(◯F刻印)のバッグの刻印と印字

刻印:HERMÈS、PARISと2列
Eの上にアクセントあり

 

印字:HERMÈS、PARIS、MADE IN FRANCEと3行
Eの上にアクセントがついています。

結構金具までの距離がギリギリです。

MADE IN FRANCEが記載されるようになっています!
◯Fの正真正銘1976年ケリーです。

 

1985年(◯O刻印)のバッグの刻印と印字

刻印:HERMÈS-PARISと1列
Eの上にアクセントあり

 

印字:HERMÈS、PARIS、MADE IN FRANCEと3行
Eの上にアクセントがついています。金具にぴったり!

正真正銘◯O刻印です。

 

1988年(◯R刻印)のバッグの刻印と印字

刻印:HERMÈS-PARISと1列
Eの上にアクセントあり

※ゴールド金具の場合、ホールマークがつくようになりました

PARISの横にゴールド金具の場合、ホールマークがつくように!

この頃からゴールド金具の場合はロゴの右側に、品質を保証する四角いホールマークがつくようになりました。ホールマークについてはこちらの記事もご覧ください。

印字:HERMÈS、PARIS、MADE IN FRANCEと3列。
Eの上にアクセントがついています。

正真正銘、◯R刻印です。

  

現在 □刻印のバッグの刻印と印字

HERMÈS-PARISと1列。
Eの上にアクセントあり。

印字:HERMÈS、PARIS、MADE IN FRANCEと3行
Eの上にアクセントがついています。

金具ギリギリではなく、少し隙間があります。

 

まとめ

  • 初期の金具の刻印、内側の印字は2行でHERMES、PARISアクセントなし。
  • 1976年では2行だけれどアクセントあり、内側も3行に!
  • 1985年の頃には既に1行に HERMÈS-PARIS、内側は3行。
  • 1988年頃にはゴールド金具にホールマークが付き始め現在のように。

このように、ヴィンテージのバッグではアクセントがついておらず、HERMESとPARISが2行になっている刻印があるということをチェックなさって下さい。

エルメスバッグについている製造年や素材ごとの刻印についてはこちらへ

関連記事

カテゴリー

買取・お問い合わせはこちらへ!

090-3104-1156 もしくは LINEまで☆
11時〜23時まで受付しています!

ページ上部へ戻る