エルメス刻印と製造年一覧

保存版!エルメスバッグの刻印と製造年についてをまとめました!

お客様のお持ちのバッグがいつ作られたものなのか、刻印を確認することにより把握することができます!

エルメスバッグの刻印とは?

エルメスのバッグ・財布には、製造年を意味する刻印がそれぞれつけられています。バッグの種類によって刻印が施してある場所が異なります

見やすくはっきり刻印がつけられているものや、見づらいものまで様々ですが、何年に製作されたバッグなのかを知りたい場合は下記の刻印から年を判別することができます。

丸○と四角□の中にアルファベットが記載されているものと、アルファベットと数字の混合の刻印から判断することができます。

現在〇がついたのは1971年の◯Aから、□は1997年□Aから使用されています。

〇や□が無くなったのは2015年のT刻印からで、今年2017年のA刻印までを確認することができます。

エルメスバッグの刻印と製造年

刻印の位置

バーキンとケリーバッグの場合は2014年までに製造されたバッグには、ベルトの裏側に◯か□の中にアルファベットが記載されています。

他にもアルファベット、数字、記号が記載されていることがありますが、こちらは製造者やアトリエ番号です。

stamp

2015年のT刻印からはバッグの内側、側面上部に刻印が記載され始めました。

刻印とその他の番号が続けて記載されているので、どれが刻印かしら?とお思いになる方もいらっしゃるかと思いますが、記載されているアルファベットの最初の文字にTかX、AやCと記載されていましたら昨今のモデルです。

stamp2

ボリードはファスナーの出っ張りの部分に刻印があることも!

刻印のおおよそのみかた

1970年代 ◯A〜◯I
1980年代 ◯J〜◯S
1990年代 ◯T〜□C
1990年代 □D〜□M
2000年代 □N〜□R
2015年以降 T〜D


エルメスバッグ刻印詳細

◯A 1971  □A 1997  A 2017(※5)
◯B 1972  □B 1998
◯C 1973  □C 1999  C 2018(※6)
◯D 1974  □D 2000  D 2019
◯E 1975  □E 2001
◯F 1976  □F 2002
◯G 1977  □G 2003
◯H 1978  □H 2004
◯I  1979  □I 2005
◯J  1980  □J 2006
◯K 1981  □K 2007
◯L 1982  □L 2008
◯M 1983  □M 2009
◯N 1984  □N 2010
◯O 1985  □O 2011(※1)
◯P 1986  □P 2012
◯Q 1987  □Q 2013
◯R 1988  □R 2014(※2)
◯S 1989
◯T 1990  T 2015(※3)
◯U 1991
◯V 1992
◯W 1993
◯X 1994  X 2016(※4)
◯Y 1995
◯Z 1996


通常との例外事項

  • ※1:2011年 □O刻印の年には同じ□の中にJOと一緒に刻印されているものがあります。(エブリン、ドゥブルセンスなどで確認あり)
  • ※2:2014年 □R刻印では、□がない場合もあります。
  • ※3:2015年 T刻印から□なしの刻印です。
    SをスキップしてTになっています。
  • ※4:2016年 UVWをスキップしてXへ。
  • ※5:2017年 YZをスキップしてAへ。
  • ※6:2018年 BをスキップしてCへ。

エルメスの製造年号以外の刻印

クロコダイルなどの素材による刻印

バッグのロゴの横もしくは素材を示すマークが刻まれています。

【^】or【○】クロコダイルポロサス

※○は古い年代のバッグに見受けられます。

1

3

【‥】クロコダイルニロティカス

8

【□】クロコダイルアリゲーター

9

【―】リザード

ソルド品マーク

エルメスが定期的に開催しているセールイベントにて販売されたバッグに刻まれるマークです。

ロゴの横もしくは下あたりに【S】というソルドマークがつけられます。

Sマークと共に数字が押されていることもあります。

ソルドは日本、海外でも開催されていますが、入場するには招待券が必要です。

1

スターマーク

エルメスの職人や店員の身内の為にオーダーを取って製造した商品につけられるマーク。

ロゴの近くに流れ星のようなマークがつけられます。

パーソナルオーダーマーク

エルメスにてオーダーをして製造してもらったオリジナルバッグ

ロゴの近くに馬蹄マークが刻まれています。

2

★エルメスの年間テーマ

エルメス創立150周年の1987年以降、エルメスでは毎年のテーマが発表されるようになり、

各年のテーマに沿った新たなバッグやカレなどのアイテム、新色が生み出されています。

テーマという要素が加わる事により、

洗練されたエルメスのデザインにスパイスがかかり

斬新で独創的なデザインが備わるため、

毎年ファンは新たなテーマを楽しみにしています!

関連記事

ページ上部へ戻る