ケリーバッグの原型であるサックアクロア!お宝級レア!

皆から愛されているエルメスの人気のハンドバッグ、ケリー。このバッグの原型と言われるサックアクロアを皆さまご存知でしょうか?

もうほとんど見かけることのない、お宝バッグについてご紹介致します!

 

サックアクロアとは?

元々、1930年にエルメスの当時の社長、ロベール・デュマにより、肩掛け用のストラップがついたハンドバッグが製作されました。形は、台形フォルム、横は三角形のマチ、立体的なフラップにハンドルのついているハンドバッグと、まさにケリーとほとんど変わらないフォルムです。

装飾的なものは一切省いた、アクティブで自立した女性のためのシンプルで気品のある機能的なバッグ

エルメス公式サイト

その初期のバッグは、サック・ア・クロアと呼ばれているものです。最初に外縫いのサックアクロアが生み出され、内抜いのバッグも登場しました!現在SBBTにこちらのお宝バッグがございます!

サックアクロア

 

サックアクロアと現在のケリーの違い

雰囲気は今のケリーと変わらないですよね・・・!どのような違いがあるのかを見てみましょう!

 

フラップの部分

バッグにかぶさっているフラップの長さが通常のケリーよりも長めです!そして、金具を留める部分の形が違います!

サックアクロア

現在のケリーは写真下のような感じで、フラップ自体の縦の長さも短いです。また、ベルトの長さ分、ベルト下までフラップが作られています。

今のケリー

バッグのフラップの先に、バッグ留めをつけ加えたという感じになっています。

サックアクロア

現在のケリーは写真下のようになっており、金具を通すこの金具を通す部分の形状も横長の長方形になっています。

今のケリー
サックアクロア
サックアクロア

 

金具の刻印と内側の刻印

ベルトについている金具の形はほぼ変わりがありません!金具に施されている刻印に違いがあります。過去のヴィンテージは”HERMES””PARIS”と2行です!

サックアクロア

現在のケリーは”HERMES-PARIS”と横に続いて刻印されています。また、バッグの内側の刻印は3行です!

ケリー

そして、サックアクロアには内側の刻印部分は2行で、”MADE IN FRANCE”の文字が入っていません。

サックアクロア

 

バッグの形状

サックアクロアの方が、ケリーバッグよりも四角いです。ケリーはバッグ上辺の方が短くなっており、台形の形をしていますが、サックアクロアは全体的に上辺と下辺の長さがほぼ同じで、四角い形状をしています!

サックアクロア

 

ハンドルをつなぐ金具

ハンドルとバッグをつなぐ金具部分がカチッとした長方形です!

サックアクロア

現在のケリーバッグの金具は半円形のように丸みを帯びています。

サックアクロア

 

バッグの底の鋲

バッグの底の形はほぼ今のケリーと変わりません!底についている鋲が全体的に円柱のような感じで、先まで伸びています。

サックアクロア
サックアクロア

バッグのサイド部分はほぼ変わりません!

サックアクロア

 

バッグ内側のファスナー

通常のケリーよりもやや長め、大きめのポケットです。

サックアクロア
サックアクロア

 

非常にレアなサックアクロア、いかがでしたでしょうか?今のケリーが昔からデザインがほぼ変わらずに、長年愛されてきていることがわかります。

いつまでもご愛用いただけるエレガントなケリー、本当におすすめです!!

エルメス&ブランド専門の買取販売店です。東京の西荻窪にある店舗とオンライン店舗(楽天・ヤフーオークション)にてバッグ販売中。買取も行っています!他社へ持ち込み中のバッグの値段比較任せて下さい。他社に負けません。ドシドシ比較受付中。

お問い合わせ・ご購入・買取査定希望の方は 090-3104-1156 イザワまでお電話下さい。11時〜23時まで電話受付中です。電話はスピーディーですし、パッと疑問点を解決できます。お気軽にどうぞ。

関連記事

SBBTオンライン店舗

買取・お問い合わせはこちらへ!

090-3104-1156 もしくは LINEまで☆
11時〜23時まで受付しています!

SBBTオンライン店舗

ページ上部へ戻る