ディーノ308初期型の美しい外装が希少なわけ

素晴らしいディーノ。1975年初期型。なぜ初期型が素晴らしく、レアなのか、ご紹介致します。初期型にはフェラーリという文字が一切ないのです!

 

ディーノ308初期型の美しい外装

 

初期型が希少な訳

初期型以降はフェラーリ仕様に色々と変更される

ディーノ308の写真ですが、よくご覧下さい。

近未来のSF作品の様です。

このディーノ308は1976年型の中期型になりますが、フロントバンパーのメッキモールが付いていません!

フロントバンパー上にあるDINOバッチもフェラーリの縦型マークに変わっています・・・!

さらにはホイールのセンターキャップもフェラーリマークのものに変更されています!(やはりフェラーリで無いとドイツではステータスが無いのか?と考えてしまいますね。。)

そう、初期型のみがもつDINOマークなのです!

 

ディーノマーク

しっかりDINOと記載されています。

リヤのディーノマーク

マルチェロ・ガンディーニの直線基調のディーノに対して、このロゴデザインがカクカクしていてクールです。スタイルと合っています。

フェラーリという文字は初期型には一切ありません。

 

ディーノ308のバッチ

デザイン ベルトーネとついています。ベルトーネのチーフデザイナーのマルチェロ・ガンディーニの作品ということがここからわかります。

普通はピニンファリーナのバッチが付くのですが、本当に例外な異端児308gt4。(246ディーノもフィオラヴァンティのピニンファリーナが付いています。)

こんな所にも惚れます。

ピニンファリーナはフェラーリ専属のデザイナー、マルチェロガンディーニはランボルギーニ専属のデザイナーでした。そのため、マルチェロガンディーニがデザインしているのこのディーノ308は超希少なのです。

エアダクト

リヤの天井からエアダクトが見えます。手の込んだ仕上がり。普通は付けない手間暇のかかる部分です。シリーズ1の初期型にだけ見られます!

リヤのコーナーワークが素晴らしいデザイン。

ココから見るリヤのAIRダクト

近くで見るAIRダクト。

 

フロントのディーノマーク付きAIRダクト

 

CARELLOフォグランプ

 

CARELLOのワイパー

 

ホイールキャップ

ホイールキャップはオリジナルの雰囲気のあるディーノロゴ入りです。

 

まとめ

308のディーノは非常にレアな個体で素晴らしいです。こんな車には巡り会わないでしょう。

兎に角45年前ですから全オーナーの事とかを知ることが出来ないのですが、ワンオーナー物で修理屋の社長からどの様な修理をしていたか、保管はどのようにしていたとか、などを聞いていますので安心して購入することが出来ました。

 

ディーノ308の付属品、工具などのレア備品ついてはこちらのページをご覧ください。
ディーノ246とディーノ308のデザイン比較はこちらへ
★ディーノ246とディーノ308のエンジン比較はこちらへ

関連記事




カテゴリー




ページ上部へ戻る