ディーノ246初期型。ディーノ308とのデザインの違いは?

同じディーノという名前でも、246と308はだいぶデザインが異なります。どのような違いがあるのか見てましょう!

ディーノ246
ディーノ246

246ディーノ初期型でホイールはセンターロック式。

ディーノ246
ディーノ246

レストアしていて綺麗です。

ディーノ246
ディーノ246

エンジンはヘッドを結晶塗装にしてみましたがオリジナルの方が良かった、と思います。

ディーノ246

やはりミッションのシンクロが減りOHをしましたが、入りがキツく4回程バラして調整・その後最高の状態です。

 

ディーノ206はアルミボディで出来ていて生産台数は150台程度。超希少車です。

続く今回ご紹介しているディーノ246はセンターロック式のホイール付きで生産台数400台くらいです。

その後246の普通バージョンが5本のナットで留めるホイールとなって、生産台数は4000台位あるかも。。

 

ディーノ246と308の違いは?

ディーノ246

こちらのディーノは246ですが308と違うのはデザイナーの違いです。

ディーノ246のデザイナーはレオナルド、フィオラバンテ(ピニンファリーナのデザイナーで1番のフェラーリデザイナー!)

ディーノ308のデザイナーはマルチェロガンディーニ(ベルトーネのチーフデザイナー)

ディーノ308

マルチェロガンディーニの作品であるディーノ308は、ウエッジシェープの効いたデザインで彫刻の様に美しく、ディーノ246の丸みを帯びたデザインとの違いを見せています!

ディーノ308の他の写真はこちらのページを御覧ください。

 

タイヤのロック

5本のボルトで留めるタイプ(フェラーリ328)はこのようになっています。

フェラーリ328についてはこちらの記事も御覧ください。(売切れました)

フェラーリ328

ディーノ246はセンターロックで一本で留めるタイプです。

ディーノ246

ディーノ246初期型とディーノ308とのエンジン比較はこちらをご覧ください。

 

お問い合わせ、ご購入希望の方は 090-3104-1156 イザワまでお電話下さい。
エルメスバッグの買取も行っています。
他社へ持ち込み中の商品の値段比較も大歓迎!
11時〜23時までお電話受付中です。是非お気軽にご連絡下さい!

関連記事




カテゴリー




ページ上部へ戻る