ディーノ308初期型の美しい内装。スイッチ、シート、ダッシュボードなど

ディーノ308はマルチェロガンディーニの作品で直線が基本のモデルです。

ディーノという文字だけで、フェラーリという文字は一切ありません。

 

ディーノ308のスイッチ

ディーノの左右のスイッチ類の並びが、堪らなく美しいです。

内装も綺麗でクーラーの風をドライバーのモモ部分に来る様にしています。涼しいです。

ミッションのゲート

 

ディーノ308は4人座席

家族や友人とドライブできるのも嬉しいポイントですね。

美しいシート

内側のシート類も初期型オリジナルのままで非常に美しいです。

 

オリジナルシートベルト

オリジナルのドアスイッチ

ドアのキャッチも綺麗なままです。

2014年に商談していた時は2500キロ程度だったことがわかります。

タイヤの空気圧が書かれたシールも

  

ディーノの初期型に見られるフロントダッシュボードのケースの開け方。

このボックス、どのように開けると思いますか?初期型だけの特徴的なデザインです。

ボックスの下、見えない部分にあるボタンを押します。

すると、ケースの下からではなく、上からパカッと開くタイプになっています。初期型だけの意匠です。

こんな所からもお金のかかる意匠を施している初期型に憧れます。ミラーもお洒落です。

初期型以降ではケース真ん中にボタンがあり、下から開くタイプに変更となっています。

トランク

トランクのオリジナル生地です。こんなに綺麗な内張は見た事がありません。張りがあり汚れやくすみが無く、全てがパリッとしています。

  

今日も3時間程、ドライブしましたが、この時代のディーノでドライブが普通にできるのは稀です。エアコンも普通に使用出来ます。

★ディーノ308の付属品、工具などのレア備品ついてはこちらのページをご覧ください。
★ディーノ308初期型のレアな外装についてはこちらへ
★ディーノ246とディーノ308のデザイン比較はこちらへ
★ディーノ246とディーノ308のエンジン比較はこちらへ

関連記事




カテゴリー




ページ上部へ戻る